<< 上板フェスタ6開催日決定。行けるやん!! | main | 最近よく見るダンスの動画の短い話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

抽象的に『石橋を叩いて渡る』話。

『 堅固な石橋を、さらにたたいて安全を確かめてから渡る意。用心の上にも用心をする。』
by Yahoo辞書

最近石橋を叩く機会が多くて困ってしまう。

しかも、『将来』なんて言う不確定な物が相手だからもう土壺。
結局石橋をたたき壊していて気がついたら渡れなかったなんて事もあったりして。

うーむ。


特に最近渡りだした橋は先が長い。
しかも地震のせいで吊り橋のようにぐらんぐらん。
今更途中下車もできず、信じて渡るしかなかったり。

とはいえそんな『運を天に任せる』ような状態は嫌なのでせめてもの抵抗で補強作業をしながら横断中。
ただし補強資材分の重さが大きな負担になっているのも事実。

はてさてこんな状態で僕は無事にこの橋を渡り終える事が出来るのだろうか・・・。

*******************

よくわからない文章で申し訳ない。
たまに意味不明な事を書きたくなりまして。

まぁ意味不明と言っても、僕の中では『意味が通る文章』を抽象的に書いているだけなので一応意味はありまする。

もしかしたら1人くらいは『あれか?』と思うかもしれませんが、そうかもしれませんし違うかもしれませんし。

・・・まぁぶっちゃけそんなことはどうでもよくて、
結局は言葉なんて受け取る人が意味を考えればいいんです。
だから思うように読んでもらえばいいんです!

ふはは以上さらば!!

※なおこの文章の投げっぱなしに対する苦情は受け付けておりませんのでご了承ください(-_-)

だまちー * とりとめのない話 * 18:37 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:37 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ