<< 生存報告、というか雑談。 | main | 宝くじは実際儲かるの?ってな話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

(住宅ローン)ローン選びの面白い記事があったので紹介。

住宅ローンって結構シンプルなようで奥が深い。
最近になってもまだまだそう思う事が多いだまちですコンニチワ。

今回はこんな記事があったのでご紹介。

〜 教えてMr.ローン 住宅ローンにまつわるQ&A @niftyビジネス 〜
http://business.nifty.com/articles/loan/

連載企画でまだ2回までしか書かれていないんだけど、なかなか読みやすくてわかりやすかったですよ。
なのでざっと内容をば書いてみようと思いまする。

第1回。
借入についてのいくつかの要素のリスクや金利上昇による毎月返済額の上昇なんかが書いてあった。
住宅ローンを考えている人にはこれだけでもぜひ読んで貰いたいですね。

第2回。
どんなローンを組むべって話。
安くしたいなら『多く借りない』『長く借りない』『低い金利にする』を満たせばいい。
…んだけども。
『多く借りない』 = 安い家を買うことになる。
『長く借りない』 = 毎月の返済額は上がるので、生活資金が減る。
『低い金利にする』 = 変動金利を選ぶと、その時々の金利とにらめっこをすることになる。
だから自分たちに合ったローンを組みましょうって感じ。

ぜひ読んでみて下さいなー。

さてせっかくなんで、金利が変動する怖さでも書いておきますね(笑

*******************

(以下、今回紹介の記事の第1回の図表より金額を持ってきています)

例えば3000万円借りたとして、当初の毎月返済額は82,949円。
これが例えば金利が3%上がったとすると、毎月返済額は123,463円。
実にその差40,514円。
年間に直すと50万円近く支払いが増える。

これを実際にある話に置き換えると。

住宅見学会とかに行った時に担当者が返済目安を教えてくれるけど、これは当然当初の82,949円。
(チラシなんかに書いてある返済目安も似たようなものですね)

で、これなら払えるってんで購入してしまった後、もし3%金利が上がったら支払いは123,463円に。
これじゃあ人生設計も狂っちゃいますね。

特にチラシとかは安く見せようとして変動金利で試算している場合が多いみたいだから、変動のリスクを知らないとホント怖い。

ただまぁ3%もあがるのか、って言われれば…僕にゃぁわかりません。
ただ、ないとも言い切れないので備える必要はやっぱりありますよね。

今現時点で(僕が把握している中で)一番安い金利は、住信SBIの変動金利0.875%。
ただ海外を見ると3%くらいの金利は普通に存在するし、バブルの頃は7%くらいだったっけか。

不況の中で世界やバブル時代の話をしてもと思うかもしれませんけど、例えば逆にバブルの頃に金利が1%を切るなんて想像した人はいなかったんじゃないでしょうか。
そう考えると、今から20年後にまた7%くらいにならないとも言い切れない、と。
住宅ローンは期間が長い場合が多いですからねぇ。

いやはやホント、住宅ローンは奥が深い…。

だまちー * 気になったニュース。 * 12:54 * - * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:54 * - * - * pookmark
このページの先頭へ